2006年12月18日

蓮を仲間のもとへ

蓮の遺骨を分骨したものをもって牧場に行ってきました。
個別の放牧場の間にある生まれるときになくなってしまった子馬の
横に埋葬させてもらいました。これで友達がいるから大丈夫だね。
結局私たちの家にも置いてあります…。
まだいなくなるのが寂しいので。

牧場に行ってまず目に付いたのは蓮をもらってきたときとは
体格が別人になっているお馬さんたち…
ものすごくがっしりした体になっているのです。
本当にでっかいんです。カメラを持ってなくて残念…。
寒い時はそれだけで体力を使うものだからえさを多めにあげているみたい。
でも蓮の2ヶ月お兄さんのりゅうちゃんがいない。
なんと蓮と同じように倒れて点滴をうってもらったそうで
他の部屋で休んでいました。
こちらは理由がはっきりしていて栄養失調。
蓮がいなくなってから群れに戻して一緒にしていたら
みなに邪魔されてほとんどえさを食べれていなかったらしい。。。
蓮の体調がおかしいと聞いて数日前からよく座り込んでいるりゅうちゃんも調べてみたららしい
そうしたらガリガリだった。冬毛が伸びで分からなくなっていたらしい。
おじさんもミスだったと言っていた。
でもそれからの対処が私たちとは違った
競走馬の牧場の方のお医者さんに点滴を持ってきてもらい馬房で2時間おきに点滴
立つ気力が出てきたら立たせてマッサージして乾草を食べさせる
というほぼつききりの看病。
点滴は子供の場合は頻繁にやった方が良かったらしい。
蓮は病院で2時間おきに点滴をしてもらったんだろうか?
動けるようになったのにつるつるした床の上で寝たままご飯を食べていた
ちゃんと私たちがついて立たせてあげればよかった。
おじさんも見に行ってあげればよかったねといっていた。
草食の生き物は寝たままでは死んでしまうよと。。。

また昨日話していて理解不足だったと気がつかされた事が2点。
・馬着について
私たちは夜から朝まで日がおちて寒かろうと思って馬着を着せていたが
馬着を一度着せたなら脱がさなくていいらしい。
乗馬クラブでは日中は着ていないことが多いし毛にお日様が当たっ
良いだろうと思っていた。でも馬着を一度着せてしまったら
そこまで含めて自分の毛として調整するので
脱がしてはいけなかったらしい。。。
・運動について
後脚の動きがぎこちなくなり動けなくなってしまった時
電話で連絡を取ったら押して後ろ方向に歩かせ
その後は少し運動をさせるよう言われました。
私たちはクラブで小さなポニーのココアも引き運動で歩いたり
サークルで走ったりしていたのを思い出し
引き運動(散歩)をしてごほうびに草を食べさせるということをしました。
ところがミニチュアホースの子馬にはそんなことは必要なかったのです。
おじさんが言いたかったのは群れで怒こられたりしたときに横に飛び跳ねる運動のこと
それが出来ない環境ならば後脚を持ち上げ脚が動く方向にくるくると動かしてあげ
少しでも筋力を使うようにしてあげるマッサージ効果もあり暖められるそう。
これが”運動”の内容でした。電話では細かいところが伝わらない…
引き馬などの運動をしたら糖分が多い穀類を食べさせないととおっしゃっていました。

その他にもいろいろと気がつかされる点がありましたが
少しずつまとめていこうと思います。

ニックネーム ちょんぱ at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

今私達に出来ること

近所の蓮のお友達の方達からも、ハウスメーカーの方からも
ブログで見守ってくれている方からも私の友人からも暖かい言葉をもらった。
お医者さんも牧場のおじさんもあれから詳しく調べてくれたみたい
ちょっとの間だったのに蓮は本当にいろんな人に愛されていたんですね。。。

お医者さんは背中がガリガリでお腹がでっぷりしていたしそのほか血液検査の
結果などを考慮しても内臓に異常が発生したのだろうと…。
また、ちょっと親から離したり、注射をしたりする時期が早かったのではないかと。
牧場のおじさんは蓮はあまりお母さんといないし結構一人で遊んだり
牧場を一人で抜け出して草を食べたりと自立心が強いから大丈夫だなと
4ヶ月で引き渡してしまったけれどやはり引き離すのがはやすぎたんだろうと。
それぞれおっしゃっていました。
私たち側にも乗馬をやっているから馬の世話は慣れているからと
過信があったのではないだろうか。
子馬の世話はしたことがなかったのに…。
一緒に成長していけば良いよねとあまいことを考えてしまった。
赤ちゃんの蓮にとっては頼りに出来るのはここでは私達だけだったのに。

だからしばらくは土日に牧場のお手伝いをさせてもらうことにしました。
ミニチュアホースはどんな一日を過ごしているのか
子馬と母馬のコミュニケーションはどんな感じか
どの状態が健康でどんな症状が出たらどんな対処をすればよいのか
まだまだ勉強することは沢山あります。
ちょうどおじさんもボランティアを募集していたらしいので。
蓮はきっとまたアリスに宿り成長した私たちのもとに
帰ってきてくれるに違いない!
私たちのエゴかもしれないけれど…
今はそう思い込みそれを支えに頑張っていこうと思います。
ニックネーム ちょんぱ at 10:08| Comment(8) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

蓮は天国に行っちゃいました

今朝病院に見に行ったときは少し元気になり水にぬらした乾草もたべ
尿もボロもしていました。
私たちを見てじたばたしたり手をはむはむしてきたり
甘える様子もあったのでお医者さんも火曜日あたりには引き渡せる
かもしれませんねと言っていたのに。。。
16時すぎに容体が急変して脚が伸びた状態になり
倒れてしまって呼吸が弱くなっていると連絡がありました。
あわてて車でかけつけたのですが16時30に呼吸が止まってしまったとのことでした。
まだ温かい蓮の体静かな寝顔で今にも起き上がりそうで
とても信じられませんでした。

数日前にはこんな顔をしてお庭でワトソンとねていたり
061209-2.JPG
こんなふうに顔を入れて部屋の様子をうかがったりしていたのに
061209-1.JPG

結局、低血糖の理由はわからない
なぜ血液に糖がいかなくなったのか。
お医者さんにも牧場のおじさんにもわからない。
きっと蓮は神様に気に入られてしまったのでしょうね。

近所の蓮のお友達の方もみんな心配してくれて
元気になるのを待ってくれていたのに。
たった4ヶ月と12日の命でした。
家に来てから3週間…まだこれからいろいろなことを経験したり
いたずらをしたりして私たちも世話をたくさんするはずだったのに。
朝早くおきるのも蓮のためなら楽しかったのに。

蓮は今家の中で横になっています。
中をのぞいて家の中に入りたそうにしていたからね。
ワトソンには動かない理由が分からない
一生懸命ちょっかいをして起こそうとしています。
おそろいの洋服を着て写真を撮ることが出来なかったね。。。

明日の夜火葬に出して
お庭にお墓をつくってあげたいと思います。
蓮のために木を植えようかね。
ニックネーム ちょんぱ at 19:45| Comment(15) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

蓮は入院中

今朝蓮がえさを食べている途中で崩れる様に横倒しになり
自分で立てなくなってしまいました。
えさを口元に持っていっても食いつかない…。
すぐにお医者さんに連絡し病院に連れて行きました。
車に乗せるころには横倒しのまま顔も持ち上げられないような状況。

お医者さんに今週の様子を報告
月、火は元気。
水曜日立つ時ぎこちなく足がビッコになっていた右後脚をかばっている
牧場のおじさんに症状を話したら運動不足とのこと。
木曜日は2時間ほど草を食べたり歩いたりしていた。えさの食いつきも良くボロもOK。
金曜日帰ってきたら寝転がったまま
起こすとまた右後脚がビッコになっている。
えさは良く食べる。ボロの量が少ない気がするので夜にお庭で少し歩かせる。ボロは少しづつしかでないがでたので。部屋にいれて寝かせる。

ということでまず気になっていた脚のレントゲン少し関節のお皿部分が横にずれて
内股気味だけれど気にするほどではないという結果。
要するにこれが原因ではなかった…。
検温もするが正常。
口からよだれを出してふぅふぅいっている。
瞳孔が開きっぱなしで反応がないので血液検査をする。
結果は極度の低血糖。
普通300程度の数値が出るところ、なんと2〜10測定限界以下…。
この症状は急に極度の低血糖になったことによるショック症状だと判明。
すぐに首の毛を刈り点滴をすることになりました。
夕方まで病院で点滴をしてもらったところ少しからだが動かせるほどに回復し
えさも食べている様子。尿もボロもOK。
私たちをみてちゃんと反応していました。

1週間ぐらいえさを食べない飢餓状態では低血糖になるらしいのですが
それでも血糖値は60程度。
蓮は飢餓状態にあるほかの症状は出ていないし…ちゃんと食べてましたから。
高血糖なら人間と同じ糖尿病があるらしいけれど
低血糖になる病気はあまりないし症状があてはまっていないらしい。
今まで馬をみている先生もはじめての症例だそうで原因がわかりません。
考えられるのは赤ちゃんなのでちょっとしたことでホルモンバランスが
崩れるなどの原因から急に血糖値が下がって倒れた?

ということで今日は病院の大型兼用のヒーター付ゲージに入院中です。
本当はつきっきりで見てあげたいけれど私たちは何ができるわけでもない。
明日の朝夕にまた様子を見に行ってきます。
元気になって欲しいです。
ニックネーム ちょんぱ at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

初めての注射

今日はワトソンを見てくれているお医者さんに紹介していただいた
お馬が専門のお医者さんの往診がありました。
そしてこれが蓮にとっての初めての注射です注射
061203-1.JPG
写真は注射中ですが特に何も感じていないよう…にぶいのかな顔(ペロッ)
でもお医者さんたちにも可愛いと言ってもらえて蓮よかったねー。
今回のは3種混合の注射
日本脳炎、破傷風、馬のインフルエンザウイルスの予防接種でした。
往診と注射で18900円…ネットで調べていたものよりだいぶ高かった顔(なに〜)
美浦で見ていたそうだし他にも家で飼われているのお馬さんを見ている
そうだから安心料だと思うしかないのかも。
後、市の方の家畜衛星保健所に連絡すると血液検査をしてくれるらしい。
馬伝染性貧血の検査なんだそうだ。
この検査を受けるとやっと健康手帳の様なものがもらえる。
そのほかに怖いのはやっぱり疝痛や蹄の病気
あとは夏場はワンちゃんと同じフィラリア
それから馬ヘルペスウイルスなんていうのもあるそうで…
お医者さんはとても詳しい方で一生懸命話してくれているのですが
半分も理解できていないかも…バッド(下向き矢印)
確か1月ごろにもう一度注射をするよう言われましたが何のだったかな?
連絡してくださるようなので本当にすべてお任せ状態ですw
いろいろお馬の病気についても勉強しなくては!
ニックネーム ちょんぱ at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ラブのお嬢さん

今日はお友達の飼っているラブラドールのアンちゃんが遊びに来てくれました。
まだ若いお嬢さん。顔が小さくてなかなかの美人さんですかわいい
家の庭に他のワンちゃんが遊びに来るのは初めて。
せっかく友達が遊びに来てくれているのに
ワトソンも蓮もとりあえず逃げる…顔(汗)
061202-1.JPG
それでもフレンドリーなアンちゃんは追いかけてきて遊んでくれようとします。
ワトソン君は小さすぎるからかターゲットは途中から蓮のみにw
蓮はのったり動いてアンちゃんをさけ草を食べようとする
061202-2.JPG
でもアンちゃんはずーと”遊びましょう”と追いかけてきます
蓮は時々反撃して噛み付いていましたふらふら
それでもフレンドリーなアンちゃんついつい下こんな感じになってしまうのです。
061202-3.JPG
この下の手までぎゅーっと蓮の首にまわっているのがとっても可愛い揺れるハート
蓮もちょっとうれしそう?
沢山遊んで散歩して…この日は本当にぐっすり寝ていました。
ニックネーム ちょんぱ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

朝のお散歩

月、火と雨だったのでお散歩はなし。
小屋に閉じ込めておくのもかわいそうなので
戸をあけて自由にさせていたら庭で長いことたたずんでいるため
ずぶぬれになります…なぜ雨が降っても雨宿りをしないのか不思議です顔(汗)
今日は晴れたので朝のお散歩、朝の食事に出かけました。
061126-1.JPG
玄関からは結構すんなり出て行くようになりました。続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 14:06| Comment(4) | TrackBack(1) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

初めてのお風呂

今日はぽかぽか良い天気晴れなので蓮を洗うことにしました。
でも冬に洗うのは風邪を引いてしまう危険もあるので室内で洗っちゃうことにしたのです。
玄関からお風呂が近いのでお風呂場まで新聞紙をひいてから
蓮を玄関に入れてみました。
まずは鏡に興味を示し一生懸命鏡の向こうの誰かに鼻を押し付ける
結構何でも興味を示すみたいです。本当に可愛い〜黒ハート
061125-4.JPG
と思ってみていたらいきなり室内へ自分で上ろうとしたのですあせあせ(飛び散る汗)
結構段差があるので思いっきりすって〜んたれパンダみたいになっちゃいました顔(ペロッ)
とっさに支えて起こしたので写真がないのが残念…w続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お散歩

昨日の夜は夜食を入れてあげたのに
やっぱり6時半に行くと”おなかすいたよー”っと催促
バケツがひっくり返ってましたw
のしのし出てくるところ下
061125-1.JPG
今日はお散歩になれさせるため
近くの水辺の草地までお散歩です。続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

朝ごはんは!

6時半に蓮の小屋に行くと
上を向いて”ブヒヒィ〜”
朝ごはんが待ちきれなかった模様w
戸を開けるとのしのし出てきましたー(長音記号2)
草を乾燥させたものをやり私たちは急いで朝食
その後蓮に草を食べさせるため初めての散歩。
怖がってなかなか歩かないので
一人が引き手をもち一人はお尻を押しつつ家のすぐ横の空き地へ
061124-1.JPG
もりもり食べていました♪

続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

蓮がやってきた

今日蓮を迎えに行ってきました〜るんるん
蓮の生産証明書と血統証明書をいただきました。
エスクードに乗せるとこんな感じです、まだとっても小さいw
下にダンボールを敷きその上にゴムシートがのっています。
061123-1.JPG
荷物室でもくるくる動けるほど小さかったので
私が後ろの席にすわり蓮の無口とお尻を支えながら移動しました。
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 18:52| Comment(10) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

小屋の内側

小屋の外側の土を払いとりもう一度クリアの色でペンキを塗りました。
今のところ小屋の外の表面は水をはじいてくれているのですが
大雨が降ると隙間に水じみが出来てしまいます。
毎回ほぼ同じ箇所なので木を腐らせないためにも
外からどうにかすみをうめる工夫が必要なようです。
問題は内側おがをひくにしてもやはり尿対策の防水と
怪我を防ぐための工夫は大事ですよね
私たちは家に使う防水シートを家とは逆向きの用途
内側の水から小屋の木を守る意味合いで
はりその上からゴムシートで覆うことにしました。
小屋1.JPG続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ミニ牧場

少しずつ放牧場がかたちになってきました。
土曜日に放牧場の柵を作り、砂場は前から掘り進めていたところに
買ってきていた砂をまいたのだそうです。
下の白いところが砂浴び場ここには180kg砂が入っています。
少し高かったですが目が細かくてさらさらな砂を買っちゃいました。
061029-1.jpg
そして今日は午後から芝をはり始めました。
既に土を掘り返し石を取り除く作業はやってあったので
砂をまき土をまっすぐにならしました。
こちらには安い洗い砂を使いました。

続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

3ヶ月になりました。

友人を体験乗馬に連れて行った帰りに蓮の様子を見てきました。
今日で3ヶ月になった蓮はミルク断ちのため
アリスお母さんから引き離されて
リュウ君と二人っきりにされていました。
リュウ君は数ヶ月先輩なのですでに一人でも
大丈夫みたいでしたが
蓮は寂しいのか時々鳴いてお母さんを呼んだり
ミルクがのみたくてリュウ君のお腹を探ったり…w
061028-1.jpg
これがおなかの下を狙っているところ。
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

始めての削蹄

見に行ったらちょうどお昼中だったようで放牧場でみんなと草を食べていました。
合間にミルクも飲んでいますけれどね
来週でもう3ヶ月になるのでいよいよお母さんから離して
ミルクを飲まない状態にしていくらしいです。
この期間ミルクの栄養がなくなる分少しやせてしまうらしい。。。
蓮、草を沢山食べるんだよ〜
今日は蓮の初めての爪切りをしました
初めてだから怖がって暴れるかもと言うことで
主人が蓮の顔を抑え、牧場のおじさんが削蹄をし、私は撮影w
はじめは立ち上がって嫌がっていたけれど
顔をおさえてもらって安心したのか
周りのお馬さんが走っても落ち着いていました。
つめ1.jpg
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

小屋の塗装

小屋の外側はホームセンターなどによく売っている水性の塗装
防水・防腐ができるものを使いました。乾くとしっかり水をはじいてくれる
色を鮮やかに出すためには下地に白を塗ったり灰色を塗ったりするそうなのですが
めんどくさがりな私はそのまま2度塗りw
屋根のみ3回塗りをしておきました。
これで最後に無色のクリアでもう一度塗れば
大丈夫…だと思いたい。
小屋の内側は柿渋を使いました。
防腐の効果があるらしい。
水で2倍に薄めて塗るのですがこれがすっごくくさい…
自然素材の方が蓮には良いだろうと思って頑張りましたが
その日はなんともいえないにおいが
体からぬけなかったですw
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

やんちゃすぎ

蓮は本当にやんちゃに育っています。。。
後ろに回りこんで服を噛んで引っ張るが
お気に入りの遊びらしい
カメラを向けるとずんずん向かってくるので
こんな写真しか撮れないしw
前回より濃い部分が増えたかな?!
061015.jpg続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

笑える顔

ミニチュアホースの蓮は2ヶ月になりました
2週間ぶりに見に行ったのですが、
蓮が前にも増して笑える顔になってました
顔と足もとだけふわふわの毛がなくなって地肌に近いこげ茶色の部分が出ていて
何度見ても着ぐるみきているみたいで笑っちゃうw
顔の下の部分だけ長〜い毛が残っていてヤギみたいにもみえるし
首が短く体がもこもこしていて羊みたいだし顔(イヒヒ)
061001-1.jpg
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

本当はこげ茶色?

060918.jpg
二週間ぶりに蓮に会いに行ったら
お馬さんたち昨日の雨でみんな体がどろどろw
アリス母さんは誰かにけられたのかお尻に生傷が痛々しい。。。
蓮は私達が放牧場でうろうろしているとついて回るほどになれてきました
でもやっぱりかぷかぷ噛む…
この癖がずっと治らなかったらどうしよう。
蓮の毛をかき分けていて気がついたのですが
しろ色部分は中まで真っ白でしたが茶色部分が肌に近づくほどこげ茶!
成長すると白とこげ茶になるのかな?
ヨーキーと同じく毛色の変化を楽しめて楽しいです。
どんな色になるんでしょうね〜。
でも今のところ顔だけこげ茶で間抜けなお顔w

ニックネーム ちょんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

小屋を建てる

前日までに裏面になってしまう部分に防虫防腐の塗装をして
基礎になる杭をうちコンクリを置き
水平を出すところまで主人と二人でやりました。
060917-1.jpg
続きを読む
ニックネーム ちょんぱ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュアホース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする